×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

色々選べる引越センター

引越センターの選び方

引越センターは全国にたくさんあるため、引越をする際にどこの引越センターを選んだらいいのか、迷う人も多いでしょう。
まずは、自分の友人や知人など周りに引越センターを利用したことがある人がいるなら、その人の感想や情報を参考にするのが良いでしょう。
引越しセンターの費用面だけではなく、運搬作業員や営業の人の対応の良し悪しなども、
実際に利用した人の感想を聞くのが一番正確で分かりやすいからです。
次に、自分で引越センターに見積もり依頼の電話やメールをした際の相手の対応をチェックするのも重要といえます。
最初の段階で引越センターの印象が悪ければ、その後もいろいろな面でその引越センターに対して不信感を持ってしまいがちだからです。
多忙な現代人にとって、引越センターに引越を依頼するのは、今や避けられない事といえますが、
こちらの要求などに、誠実に対応しようとする姿勢が感じ取れる最も自分に合った引越センターを自分自身で選ぶことが大事といえるでしょう。

大手と中小の引越センターの違い

引越センターの選び方としては、引越業者は全国に多数あり引越のサービス内容も規模も千差万別といえますが、
安心感を重視するか、価格を重視するかの2つに分かれるといえるでしょう。
大手の引越センターは、費用は若干高めになりますが、社員教育がしっかり行われていたり、
損害が発生したときの保障などはやはり中小業者より充実してるため安心です。
結婚に伴う引越や大家族の引越など、荷物が多かったり高価な荷物がある場合には、
費用が高くても大手の引越センターに頼むことをおすすめします。
中小業の引越センターは、業者の規模を問わなければ、見積もりを多数とって比較することでかなり費用を抑えることが可能です。
一人暮らしの引越しや、家族でも家具などに多少キズなどがついても気にならないといった場合は、
中小業の引越センター安くて良いでしょう。
つまり、需要に応じてケースバイケースで上手く引越センターを使い分けることが、最も賢い方法といえます。

引越センター2社の紹介

引越センターと名のつく企業は全国に数多くありますが、ここでは有名な引越センター2社を紹介します。
「アート引越センター」は、アートコーポレーションが運営する大手引越センターで、
各サービスセンターの加入者電話番号を0123で統一しています。
また、ドラえもんをイメージキャラクターに起用しつづけており、
販促グッズもドラえもん関係が多いのがアート引越センターの売りとなっています。。
女性スタッフによる引越パックの提供や、引越先に入る際には作業員が新しい靴下に履き替えるなど、
アート引越センターではきめ細やかなサービスの提供を得意としています。
「サカイ引越センター」は、少し前までは「勉強しまっせ引っ越しのサカイ、ホンマかいなそうかいなー」のCMが良く流れていましたが、
とにかく引っ越しと言えばサカイといえるほど、他の引越センターより知名度があり、引越ランキングでもずっと上位に入っていました。
最近ではたくさんの引越センターができ、前ほどのインパクトは無くなってきたようですが、
らくらくAコース、らくらくBコース、せつやくコースなどサカイ引越センターでは、解りやすいプランとコース説明が根強い人気の理由となっているようです。